繁忙期に伴う列車の増結(一ノ関〜小牛田・仙台間)

一応 18きっぷ消化 2014夏-5 です。
一ノ関〜小牛田間(※0.5往復のみ仙台まで)で増結運用があったので確認してきました
2014年3月改正前までは仙台〜一ノ関直通の運用(小牛田で分割、または併合)の運用が多く、ただ単に4両の運用を6両に変更、小牛田以北を4両で運転…という感じ(だったはず…)でしたが、2014年3月改正で小牛田分割、併合の運用が消滅し今年からはどうやって増結するのか?と個人的に思ったので見に行った次第です


増結の対象となったのがこの運用(2526M最後尾〜525M〜…)ですが増結となるのは529M(小牛田10:44発)から544M(一ノ関17:55発)まででした
ちょうどこの日はF2-105編成が運用に入っていました


増結分の編成は仙台から回送され小牛田9:21頃に到着しました。この日はF2-27編成


528Mは到着後連結作業があるため停止位置を変更


増結編成が入線


連結作業完了。4両・ワンマン解除で夕方まで一ノ関〜小牛田間をひたすら往復


544Mで仙台へ戻り入区。その後2577Mへ
増結された編成は入区後切り離されるようです